ついに120円突破!

ドル円相場がついに1ドル=120円を突破しました。
これは7年4か月ぶりのことでした。

 

ずっと円高水準と呼ばれていた1ドル=100円を下回って70円台をつけていた時もありましたが、今年の円安基調になってからはとても速いスピードで円安が進んでいます。
一つの壁であった120円も突破していきましたので、まだまだ円安が続いていくかもしれません。
さらに金曜日に発表があったアメリカの雇用統計の水準が予想よりもよかったために、一気に1ドル=121円も突破していきました。
アメリカの景気が復活傾向にあることを証明する指標ですね。

 

年末年始にかけていったんの調整はあるかもしれませんが、個人的にはまだまだ円安傾向の方が強いと思います。
ここまで一気に円安になってしまうと、物価上昇という懸念材料が一般市民の負担になりそうですね。
とりあえず年末年始にかけてこれからの動きには引き続き注視が必要です。