2016年スタート

2016年になりました。今年も頑張っていきます。

 

相場は変わらず動いているわけですが、去年の暮れにあったアメリカの利上げの影響や中国市場への警戒感が強く日経平均は今日も大幅続落となりました。
年初めからなかなかのボラティリティをしているわけですが、今年一年はどういった年になるのでしょうか。
様々なエコノミストの方々が色々な予想を立てているわけですが、先のことを寸分狂わず充てれる人はいませんのでしっかりと自分の目で先を感じるようになりたいものですね。そうでなければ簡単に相場から退場させられてしまうことになりますので。

 

ネットや本などの情報ですが今年中に日経平均が28000円行くなどかなり高い評価をしているエコノミストの方を始め、明るい予想の方が多いのですがこれはマスコミを利用したなにかなのでしょうか?私にははてなマークがついていますが。

 

私の見解を少しだけ述べると今年の初めの動き同様、日経平均はあまりあげる要素としては少ないのかなという思いでいましたし今も変わらずです。
一年の予想というのは少し長いので、ここ半年で見てもアメリカの利上げの影響、そしてこれからの利上げペースがどうなるかによりますが、新興国としては苦しい年になるのではないでしょうか。
そこにきての中国懸念ですからやはり日本もそれなりのダメージを受けると思います。
また欧州でもまだまだ不安要素が多いので、楽観視できる状況にはないと思います。
日本で物価上昇目標を立てたところで、グローバルの現代では世界情勢を見なければ目標達成は厳しいと思います。
無理やり上げようとしても世界情勢が悪化すれば、そこで日本だけ良い方向に進むということはよほどの経済状況ではないと厳しいでしょう。

 

年初からあまり明るい話題でなく申し訳ないですが、私の見解では少なくとも現状で楽観できる状況ではないということです。
しかし、為替や株では売りでの注文ができるのでこの流れをうまくとらえることができれば個人的に美味しいトレードになるかもしれません。
ただ動きが大きい現状ですで、今年も何回も書くと思いますが「リスク管理」だけはしっかりとして無謀なトレードをしないように心がけてください。

 

2016年もしっかりと先見の明を持てるよう意識してがんばります。