ここ数日の円高、株安について

2016年も明けてまだ1ヶ月半ほどしかたっていないが、為替や株式市場はものすごい動きを見せている。
為替だけではなく、日本の芸能界も凄いニュースが目白押しとなっていますね。
今年はこれからも激動名一年になっていくのか!?

 

話を戻して、ここ数日の世界同時株安と為替の値動きは本当に凄い。
ボラティリティーが大きくて、素人はともかく相場観の優れた人でもここまでの動きについていくのは大変だろうと思う程の動きだ。
ドル円に関しては1週間ほどで約10円の値幅がある。
週末は113円前半で終わったが、これからどういった動きを見せるのか見当がつかないといったところだろう。

 

テレビにでていろいろ話をしたり雑誌などでコラムを書いたりしている評論の方々もバッシングをたくさん浴びせられているだろう。
今年は株は20000円以上は確実。為替も125円以上。と言っている評論家の方々が多かった印象。
というか年末年始に買った雑誌などでもよく書いている人しかいない。
報道が景気をよく見せたいがためによく書く人しか乗せたくないとはしても、本当にこの状況を予測できた人はいるのであろうか?
本当に報道を当てにしてトレードするということは恐ろしいことだというのが改めて感じる。
アベノミクスで上がっているときはいいが、ここまで下がると市場から強制的に退場させられる人も大勢いたと思う。
自分の資金はやはり自分以外では守れないということは改めて肝に銘じたほうがよい。
私の主観だが、株価は政府主導で上げられていたもので実態の値ではなかったと思っている。
実際には12000円〜13000円くらいが妥当と個人的には考えています。
なのでまだ下がってもよいと思ってます。(本当に個人的な意見)
ただし実態はなくとも、国があげるといえば上がってしまう世界だし、市場というのは本当に恐ろしい。
なので鉄則は流れに乗るということ。
今の現状は日本政府としては株を上げたい。あげていくという姿勢だがここまでグローバル社会になった現在では日本政府主導だけでは日本の株価を左右するのが難しくなっています。
為替は当たり前に日本株も世界情勢もしっかり見据えて取引を行ってください。

 

ここまで激しい動きを見せていますが、流れに乗れればチャンスは大きい。
しかし外れればリスクもものすごく大きい。
リスク管理だけはしっかりして、損切りラインも絶対的に決めて取引をするように心がけていきましょう!