イギリスのEU離脱決定での動き

イギリスのEU離脱と残留をかけての国民投票が行われました。

 

結果は僅差で離脱の勝利。

 

離脱の勝利が確実となったのは日本の市場が開いている時間でした。当日の朝は残留でほぼ決まりだろうというような憶測が流れていたので円安方向に動いていましたが、離脱有利そして離脱決定となった時に為替も株も一気に逆行。特にポンドは30円近く動きましたし、日経平均も-1300円とリーマンショック並み、それ以上の動きを見せました。かなりの動きがあったので、一気に市場から退場させられた方も多くいると聞きます。一方逆に稼いだ人もいますが。私個人的にはこういうときは静観が一番だと思い全く市場には参加していなかったので問題ありませんでしたが、やはりわからない相場はやるべきではないなと改めて思いました。本当にギャンブルのようになってしまいますので。ギャンブル的にポンドを売ってみようかとも考えましたが(もちろんなくなっても良い金額で)辞めて良かったと思っています。仮にポンドを打っていれば儲けは出ていますが、これに味をしめてまたこういうことを繰り返していくと結果的には退場させられることになると思いますので。やはり相場に入る場合は自分のルールをしっかりと持って、それを守って売買をするということが大切になります。

 

国民投票から少し期間が過ぎて徐々に相場は落ち着いてきています。しかしまたいつどこでどういう発表があるかはわかりませんので、為替、株ともに注視していきたいと思います。