中国 預金準備率引き下げ

2015年4月20日から中国が預金準備率を1%引き下げすることが決定しました。
預金準備率は2月にも引き下げられています。

 

これは中国の景気が減速しているのを支えるための政策と言えるでしょう。
中国が景気減速してくれば、世界に与える影響も大きくなります。
GDPはアメリカに次いで世界2位の中国ですからね。
しかし、このところはアメリカでは景気が上昇傾向にあるとの報道も多く、実際に経済指標などでも徐々に上向きになっています。
世界1位のアメリカの景気がよくなってくれば、日本や世界に与える影響も大きくなります。

 

ユーロ圏ではいまだにギリシャ問題が払しょくできておらず、今後の展開がかなり注目されています。
世界の経済もかなり動いてきていますので、しっかりと目を向けて勉強してFXに生かせるようにしましょう!