スイスがマイナス金利導入

スイスがマイナス金利を導入するという決定を下しました。
これはスイスフランの上昇を阻止するための政策ですね。

 

金利がマイナスということはお金を預ければ金利によって減っていってしまうということになります。
お金を預けて減るのであれば、違うところに預けようという気になりますよね。

 

今回の政策では民間銀行がスイスの中央銀行に預けた余剰資金から金利を徴収するということなので一般人にとっては直接関係ないです。
しかも1000万フラン(約12億円)を超えた部分に適用ということになっています。

 

スイスは永世中立国ということで、戦争などが起こるとスイスフランが買われる傾向にあります。
安全資産とも言われています。
今回のマイナス金利政策がスイスフランの上昇をどこまで食い止められるかは注目ですね。
もし政策がうまくいけば、各国がスイスのまねをしてマイナス金利適用するということにもなりかねません。
なので注視していきたいと思います。