世界情勢

FXでトレードするようになると世界情勢には敏感になります。
なぜなら為替に直結するようなことがあるからです。
金利を上げる・下げる、金融緩和の継続や終了、大統領や首相の選挙、天災や戦争など。

 

為替を行っている人は、この通貨が上がるor下がるだろうと思ってトレードしている人がほとんどだと思います。
例えば金利の高い通貨がこれから上がるだろうと思えば、買っておけばスワップ金利と値段の変動による利益が両取できるおいしさがあります。
しかし、世界情勢によって簡単に通貨の価値は変わってしまいます。
政府がいきなり金利を下げるといってしまえば、金利差を狙って取引している方々はその通貨を買っている意味がないと思い売りで決済します。
そうなると、一気にその通貨の価値は暴落してしまうということが多々起こります。
戦争などは最たる例です。
なのでどういうことが為替に直結するのかを知っておく必要があります。
FXで取引をするのであれば、知識をつけて、世界情勢にも目を光らせて他のトレーダーに負けないようにしましょう!