自分に合った取引単位とは

今日ではFXトレードできる会社も増えて、トレーダーにもFX会社を選択できる状況ができました。
スプレッドやスワップなど会社によって様々です。
自分に有利に働く条件で取引できる会社を探すことが一番大事になってきます。

 

諸条件のなかでも今回は自分に合った取引単位を見つけましょう。
用語が分からない方は⇒取引単位とは

 

1万通貨の場合

FXが日本に普及してから現在までも主流は1万通貨単位です。
1万通貨単位でFX取引をするとき必要な資金は、レバレッジを最大の25倍で取引したとき4万円の証拠金が必要になります。
※ここでは米ドル/円取引で、1ドル=100円とします。

 

この時にもし100円で1lot(1万通貨)買って、101円になった時に売れば1万円の儲け。
逆に100円で1lot買って、99円になった時に売れば1万円の負けになります。

 

つまり、1万通貨で取引したときに1円動けば1万円分の利益や損失が出ることになります。

 

1000通貨の場合

1000通貨の場合1万通貨の1/10なので、必要な証拠金は4千円。
1円動けば、1000円の利益や損失が出る。

 

100通貨の場合

1000通貨の場合1万通貨の1/100なので、必要な証拠金は400円。
1円動けば、100円の利益や損失が出る。

 

1通貨の場合

1通貨の場合1万通貨の1/1万なので、必要な証拠金は4円。
1円動けば、1円の利益や損失が出る。

 

 

 

これらを参考にして自分に合った取引単位を考えてください。
全くの初心者であれば迷わず1通貨単位をお勧めします。